2019年08月23日

平和と安寧を

 それにしても常軌を逸してしまっている。
 韓国が日本との軍事情報包括保護協定を破棄するとした問題。米国からもさすがに失望しているという声が出た。世界中のどんな国でも歴史的な経緯や経済、交易といった問題では多かれ少なかれ隣国との間で問題を抱えているもの。しかしそうした国々も、こと軍事のことについては互いに情報を交換し、不測の事態を招かないように努めている。政治サイドの者はもちろん、制服組の人たちこそそういう強い意識をもって安全保障に努めるのが世界の良識というもの。日韓の軍事協定も両国間に様々な問題があるときだからこそ、綿密にコミュニケーションが図られなければならない時のはずで、まさかこれを破棄するなど、侍で言うならば刀の鯉口に指をあてたようなもの。ヒステリーにもほどがあると思うのだが・・。

 何を言ってもやってもヒステリックな反応しか返って来ない国を相手に、わが国としては目には目をといった報復合戦に陥らないよう冷静に対処することが肝心だけれど、今後徴用工問題で日本企業の資産が切り売りされるようなことになれば、日本政府も黙認するわけにはいかず、そのときどうするのか・・とても難しい局面を迎えることになりますね。

 両国の平和と安寧を祈るばかりです。

posted by おさだ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感