2019年09月23日

介護世代

 お彼岸の三連休はいかがお過ごしですか?
 先日、甘いものを頂いたので、おふくろに食べさせようと実家に顔を出すや、そのおふくろが「進治大変だ、お父さんの様子がおかしい」と言うのです。慌てて介護ベッドのある部屋へあがると、全身をこわばらせて、苦しそうにうなる父がおり、早速救急車を呼ぶことになりました。幸いサイレンの音が聞こえる頃になると父の様子も落ち着き、運ばれた総合病院では一応の入院という事になりましたが、心配はいらないようです。
 五十代も半ばに差し掛かりますと、友達と話していても親の介護の話題はつきもので、私もつくづくそういう世代になったんだなぁ・・と、彼岸の朝に思う次第です。

 救急車が実家の前に停まると、すぐさまご近所の人たちが駆けつけてくれ、「保険証持ったか」「だれが救急車に乗っていく」と、なにかれと世話をやいてくれます。そんな人のひとりが隣りのホルモン焼き屋のおかみさん。
IMG_6023.jpg
 ありがたいことです。

posted by おさだ at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感