2020年01月08日

道のり

 今日から津久井やまゆり園事件の公判が始まります。県庁近くの横浜地裁で行われる公判は多くの傍聴希望者がやって来ることが予想され、昨日聞いた神奈川新聞の社長さんの話では、同社でも社員を動員し、社長自らも並んで傍聴する権利を獲得するのだとか・・。
 社会的な関心の高い事件ですから、そういうことになるのでしょうけれど・・なんだかその話を聞いているうちにやるせない気分になってしまいました。
 受け止めきれないほど重大で差別や優生思想をはらんだ深刻な事件。そして精神疾患に基づく責任能力の問題・・・これから何年かかっても、事件の本質を明かし、跡形も無くなるまで消化してしまわなければならない、大変な裁判がこれから始まる。今日はそんな日なのですから、気持ちの晴れるわけがありません。雨と、強い風も吹くようですが、これから始まる裁判の険しい道のりを暗示するかのようです。
 


posted by おさだ at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感