2020年02月22日

不要不急

今朝の読売川柳
 花粉ですマスクに書いてくしゃみする

 昨日、議会へ行く電車の中で、何の拍子か唾液が気管に入り、むせてしまいました。マスクを押さえてせき込むと、周囲の人が半歩引くのがわかります。むせる時というのは抑えようとすればするほどむせ返り、思わず「咳じゃありません、むせてるだけですら、すみません」と言いわけしました。

 新型ウィルスの感染拡大は終息する様子もなく、各地で人の集まるイベントが中止となり、政府も不要不急の外出を避けてと広報を始め、私もこの三連休は参加を予定していた行事がいくつか中止となりました。
 不要不急・・改めて自分の手帳をめくってみます。不要かな・・不急かな・・考えてみればそう思える用事の多いこと。そして、地球上のみんなが不要不急なことはせずに日々を過ごすようになったらどうなるんだろう・・と考えてみました。地球の温暖化はかなり防げるかな・・家族や隣人との絆は深まり、何より自分を見つめ直すようになるか・・と、とりとめもない想像の中でイメージするものは決して悪いものではありません。
 ま、私たちが創り上げた資本主義による実態経済ってのは、そんな甘やかな想像など許すものではないのでしょうけれど。ただ、新しいウィルスのおかげで色々と考えてみる時間が与えられたと、そう思いたいものです。
IMG_6907.jpg 
 支援者の方が作ってくれたマスクです。

posted by おさだ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感