2020年04月23日

流れる水は

 流れる水は腐らず・・と言いますが、流れて困るのが流言飛語。
 新型ウィルスの感染者について、神奈川県がそれまでの保健所単位ではなく、市町村ごとに感染者の数や感染経路、家族数などを発表するようになったのが今月20日。それ以後、海老名市内においても具体的な店名や職場の名前をあげて「あそこの従業員が感染者したらしい」といった話が飛び交うようになったようです。私のLINEにもそうした話がありましたので、昨夜の夕食を囲みながら家族から「そんな話はある?」と様子を聞いてみました。すると出てくる出てくる、いろんな話が。とてもここに書けない未確認の話ばかり・・ですが、それでも家人たちはその話を信じてしまっているわけです。「そうかも知れないし、そうでないかも知れない。だから、ネットを通じて人に伝えたりしたらいけないよ。」とそんな話をしました。
 行動制限がある中で、代わりにネットを通じた交流が盛んになるのは分かりますが、不正確な情報が伝播しやすくなるという側面もあるのでしょうね。上記で名指しされていた店舗などは、客足が途絶えるなど被害が出るかも知れません。感染者への差別や偏見を防ぐため、そして関係ない人への風評被害を防ぐため、くれぐれも不確かな情報を拡散させないよう気を付けたいものです。
IMG_7261.jpgIMG_7264.jpg
 さて、上の写真。タンポポですが、片方がセイヨウタンポポという外来種で、もう片方がニホンタンポポという在来種です。今は圧倒的にセイヨウタンポポが増えて、うちの近所でもニホンタンポポはあまり見かけません。でも、気を付けていると時々出会うことがあります。
 見分け方は、黄色い花びらを下から包むようにしている緑色の部分、がく片と言うそうですが、それがそり返っているのがセイヨウタンポポ。そり返らずにくっついているのがニホンタンポポです。
 
posted by おさだ at 09:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感