2020年05月03日

緊急時の情報はシンプルに

 昨日の朝はびっくりしました。「こんなときに大規模地震か!!」鳴り響くスマホの警報音を消すまでの間に考えたのはやはり、地震の発生でした。しかし、文字を見ればコロナ。「ゴルデンウィークはがまんのウィーク」と外出の自粛を呼びかける内容。神奈川県知事、黒岩祐治の名前で一斉配信された昨日の緊急速報メールには多くの批判が県に寄せられ、知事も陳謝する事態となりました。
 私が思うことは一つ。神奈川の知事として、他に先駆けて何かしたい。目立ったことがしたい。という思惑が黒岩知事の中に無いか?ということ。東京の小池知事が全国的な注目を集め、大阪の吉村知事の積極的で分かりやすい姿勢が好評を得ている。それはそれで良いではないか。何かにつけ神奈川方式と言って独自性をアピールするのもどうか・・。ましてG.Wだから「がまんのウィーク」というダジャレかひっかけか・・そういうウィットを緊急速報に乗せるのは誠実さに水を差す印象になってしまう。
 緊急の時ですから批判は控えめにしたいと思いますが、緊急の時なればこそ情報は適確にシンプルに発信願いたいと思います。

 さて、今日は感染症危機のに中で迎える憲法記念日。朝から新聞やネットニュースを見ていてその取り上げ方の違い、世論調査の数字の違いに驚く、というか意図的な報道姿勢の違いを感じずにいられません。あるメディアは「コロナ禍の中で改憲議論低調」と書き、あるメディアは「緊急事態について改憲の関心高まる」と緊急事態条項の創設を促しています。そもそも論拠となる調査の設問や選択肢の設定が各社まちまちで、例えば読売は「憲法を改正する方が良いか」と問い、朝日は「憲法改正を急ぐ必要があるか」と問う。それは数字に違いが出て当然です。

 私は、今回の緊急事態を経験して、やはり憲法の中に緊急事態条項を加える必要があると考えています。
 「国民の生命が危険にさらさられる緊急事態が発生したと、国会が判断したときには、国会の承認を得たうえで、政府は国民の自由や権利を必要最小の範囲において制限できるものとする」
 といった内容でしょうか。

 今日も暑くなりそうですね。湿度も上がって来ました。この温度と湿度が新型ウィルスの力を弱めてくれると良いのですが。

posted by おさだ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感