2020年05月04日

伝わる、伝える

 ステイホームが続く中、SNSを通じた交流が盛んになっています。私はFacebookを主に利用していますが、ここのところ、例えば健康のために腕立て伏せをする動画をアップし、次にチャレンジする人を指名して次々に拡散したり、子どもの頃の写真をアップしたり、あるいは好きな本を7冊あげなさい・・で指名が来たりと、そんなことが流行っています。これをチェーンメールのようなものだとか、昔からある不幸の手紙と同じ・・なんて言われる方もいらっしゃいます。たしかにこういう拡散の仕方全般は注意が必要だと思います。ただ、他人を不安にさせたり、誹謗中傷のような意味合いが無く健全に伝えなれるなら、楽しくていいんじゃないですかね。

 話は変りますが、昨日の黒岩知事のツイート
「黒岩祐治 昨日、三崎漁港で路上駐車をして釣りをしている人が大勢いるとの声。そこで、今日は漁港を立入禁止にしてバリケードも強化。三浦市も漁港に向かう市道を封鎖し、警察も路上駐車取締りを徹底。県庁職員も多数出て、三浦市、警察と連携して対応に当たった結果、岸壁の釣り人はいなくなりました。」
 外出自粛ですから、海で釣りをすることは、感染拡大の可能性が低くても自粛すべき。路上駐車はそもそもいけません。それでもしている人がいれば、ここで書かれているような防護措置も必要。地元の人たちのお気持ちも大事です。
 ただ、910万人の自治体のトップが取り上げる話題としてはどうなんだろう、あまりにも局所的な話題過ぎないかと、私はちょっとした違和感を感じました。それとできれば「釣りは楽しいレジャーです。私も海は大好きです。でも今は・・」と、一言の配慮を。

posted by おさだ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感