2020年05月16日

芭蕉と秀樹

今日は何の日・・今日5月16日は・・と、朝のラジオが伝えます。
・旅の日、松尾芭蕉が弟子の曾良を伴って「おくのほそ道」へ旅立った日
・十勝沖地震が発生した日、昭和43年のこと。
・歌手、西城秀樹さんの命日です。
・etc・・

 芭蕉も秀樹も今日、旅立ったんですね・・。

 国会は、検察庁法の改正でもめていると云う・・。こんな時に・・と、バカバカしくてニュースを見る気にもなりませんが、つまるところ政府というものを「信用する」か「信用しない」かで分かれる議論に思えます。信用している人からすれば、一般的な公務員の定年制度改正の一部にしか見えないが、信用していない人からすれば、検察権力を政治が利用しようとしていると猜疑心がわく。ただただ、そういうレベルのことではないでしょうか。大事なことは緊急事態が続いている今だという事をわきまえて、混乱を避けて早期に処理すべきだという事。国会議員の皆さんしっかりお願いしますよ、まったく・・。

 蛍見や 船頭酔うて おぼつかな
    松尾芭蕉 

 弱い者にしかいばれないやつは大キライです
    西城秀樹 著書「いま、光の中で」

posted by おさだ at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感