2020年05月18日

仲間が市長に

 コロナ禍の吹き荒れるなか、小田原市では市長選挙が行われ、去年まで県議会で一緒に活動してきた新人候補の守屋輝彦さんが当選されました。県下に19ある市のうちこれで9つの市の市長が県議会議員出身という事になりました。仲間として本当にうれしいできごとです。でも、私も応援に行きましたが、緊急事態宣言の中とはいえ、まち全体に活気が失われている印象を受けました。当選した守屋さんには、小田原生まれの心意気で、是非まちの活性化を成し遂げて欲しいと思います。 今日は県議会常任委員会。これから行って参ります。
posted by おさだ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感