2020年08月25日

いのちを大切にするメッセージ

 短い夏休みが終わり、小中高の各学校で授業が再開され始めました。例年、夏休み明けには生徒の自殺が急増する現実があり、教育現場では生徒の心身の状態や変化に腐心する時期であります。特に今年はコロナウイルスの影響で休みの期間が短く、また感染防止のため、旅行に行くとか、友達と遊ぶ、部活に打ち込むといったチャンスも少なかったはず。そうした特殊な状況に鑑み、神奈川県教育委員会では各県立学校及び県下の市町村教育長あてに「いのちを大切にするメッセージ」を、下記の例文を含めて発しました。
 教育現場も気を付けてくれてはいますが、それ以上に子供たちの家庭や地域が、しっかりと見守ることが大事ですので、皆様もご協力を頂きますようお願い申し上げます。

 児童・生徒の皆さんへ(例)
夏休みが終わり、学校生活が始まりました。
皆さんの中には、「休みが短かった」「遠くに行けなかった」「友だちと一緒にいる時間が少なかった」など、新型コロナウイルスの影響で、いつもの夏休みのように「思い出づくり」ができなかったと感じている人も多くいるのではないでしょうか。
新型コロナウイルスは、未だ不明な点が多いウイルスと言われており、誰しもが不安を感じることと思います。こうした中で、勉強のこと、進路のこと、部活動のこと、友だちのこと、家族のことなど、いろいろと思い悩むこともあるでしょう。また、様々な変化の中で、ストレスがたまって、体や心に負担がかかることもあるでしょう。そのような時には、一人で悩みを抱え込まずに、(担任、部活動顧問、養護教諭などの)先生や、スクールカウンセラー、家族など、周囲の人に相談してください。
「SNSいじめ相談@かながわ」や「24 時間子どもSOSダイヤル」などの窓口に、相談することもできます。
また、友だちから相談されて、自分ひとりでは支えきれないと感じる場合もあると思います。その時は、信頼できる大人に相談してください。
先生方をはじめ、周りの大人は、あなたたちの支えになりたいと心から思っています。辛い時、困った時、一人で苦しまずに、ぜひ声をかけてください。
posted by おさだ at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感