2020年09月11日

インフル予防接種を無料に(65歳以上)

 私事で大変恐縮ですが、三日前に孫が誕生し、いわゆる「おじいちゃん」になりました。54歳・・ちょっと若いのかな・・でも、先日父が他界し、今度は孫が生まれる。自然の摂理とでも言いますか、そういう流れの中で生きている命というものを感じされられています。

 さて、県議会が始まり昨日は代表質問が行われ、自民党、立憲民主党がそれぞれに質疑を行いました。これに先立って行われた知事による議案の提案説明では、今秋のインフルエンザの流行防止に向けて大型の補正予算のまた補正予算を組み、65歳以上の県民が無料で予防接種を受けられるようにすると表明されました。これはインフルエンザの流行を抑えることで、これと初期症状の似ている新型コロナの患者が医療機関に混合して押し寄せるような事態を防ぐ狙いがあります。ただ、問題なのはこの国にあるインフルエンザワクチンの在庫には限りがあり、接種のできる医療機関も無限にあるわけではないということ。仮に65歳以上の人たちの例えば80%、90%の人が接種された場合、ワクチンの不足から接種を控えて頂かなければならない人たちが発生する可能性があるのです。この辺りをどう整理するのか。「無料ですよ」「そりゃよかった」では済まない、諸条件の整理が必要であるということ。市町村職員や医療機関の大きな協力を頂かなければできない事ですので、その辺りのことを県はしっかりとわきまえて事業を実施して頂きたいと思いました。

posted by おさだ at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感