2020年09月13日

今日から

 政策に通じ、豪胆で、国民的な人気のある人が総理大臣になってくれる事が良い事に決まっているのだけれど、それを一番警戒するのが役人というもの。霞が関の官僚の方たちは「縦割り行政の打破」を掲げる菅政権の発足を戦々恐々の思いで眺めているのではないでしょうか。
 選挙で国民の代表者を選ぶ民主主義は同時にアマチュアリズムでもあり、その政治的アマチュアをうまくコントロールして官僚主導型の統治をしたいのが霞が関。しかし、総理大臣に選ばれるであろう菅さんは、著書の中で「日本の官僚機構は世界一のシンクタンク」と評価し、「これをうまく機能させる」ことが政治の仕事だと論じています。
 安倍政権の継承を掲げている菅さんですが、そういう意味では安倍政権以上の力で岩盤規制に穴を空け、デジタル行政など、省庁の縦割りでは取り組めない課題に挑戦して頂けるのではないかと期待をしています。

 さて、今日から座間の市長、市議選挙、並びに伊勢原の市長選挙が始まります。コロナ禍、その後の経済的なダメージから回復して行くにはどういう政治家が必要なのか。私もマイクを握って訴えて参りたいと思います。

posted by おさだ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感