2020年09月16日

結果次第

 今日、菅内閣発足。すでに新閣僚の顔ぶれが今朝の新聞に並んでいますが、前日から組閣の人事案をリリースするのには何か狙いがあるのでしょうか。
 第一印象は極めて地味で、新味に欠けるというのが私の感想。二階、麻生という古株の影を引きずるのはいかがなものか?と率直に思います。ただ、政治部の記者などの感想を聞いていると、閣僚の多くが「その道の通」と言われる人や、副大臣からの昇格、二度目の就任など「熟練」した手堅いメンバーをそろえたという印象もあるようです。そして、河野太郎氏を行革の担当相に据えたのは目玉と言って良い人事かも知れません。縦割りの打破や規制改革を進めるという菅さんの考えは国民にとって有益なこと。しかし、官僚組織にとっては抵抗の大きいところですから、これを打ち破る人事としては河野さんの起用は刺激的だと思います。右手で行革の大ナタを振り上げながら、左手で官邸主導の人事を進め、官僚機構をコントロールするといった感じでしょうか。

 いずれにせよ、菅さん自身が言うように「結果を残さない政治家は信用しない」ということでしょうから、まさに結果に期待したいと思います。
posted by おさだ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感