2020年10月08日

取材のご報告と改めてのお詫び

 この度報道されました議会での居眠りや議事とは関係の無い内容のネット接続について、一昨日フジテレビに改めて取材して欲しい旨を申し入れ、昨日取材を受けて参りました。
 まずはこの度報道された私自身の議事に関係ない内容のネット接続を行なっていたことについて、カメラを通じてお詫びを申し上げました。小欄にも多くの声をお寄せ頂きましたが、そうした事も踏まえながらお詫び申し上げたつもりです。
 そのうえで、先日行われた議会運営委員会で議長が謝罪した直後の私個人に対する取材を断ったのはなぜですか?
という問いかけがありましたので以下の通りご説明申し上げました。
 今回、テレビ報道があった直後から、県議会としてこの事にどう対応すべきか、全体での意見調整が行われました。その結果、報道された議員が複数名、複数会派に渡ることから、これは議会全体の問題として受け止め、議会を代表して議長が報道された議員に厳重注意をしたうえで、議会全体を代表して議会運営委員会の公式の場で議長が県民の皆様に謝罪することが最もオフィシャル性の高い謝罪の仕方である。という結論となりました。そこですぐに議会運営委員会が招集され、そこで議長による謝罪が行われました。その後、同委員会の委員長である私に対してフジテレビより取材の申込みがありました。今申し上げた通り、議長が議会を代表して謝罪するというのが、議会各派の合意事項でありましたので、同時に私が別に取材を受け謝罪をしては、その合意との間に齟齬が生じてしまうと考え、丁重に取材のお断りをした次第であります。
 しかし、その結果当日の番組では私が取材をお断りしたことが大きく取り上げられ、強いご批判を頂くこととなりました。これは私としては本意でありませんでしたので、議会各派のご内諾を頂いたうえで、改めてフジテレビに取材の申し入れをした次第であります。今さらと言われてしまうかも知れませんが、決して謝りたくないとか、逃げたいということではありませんので、そこはどうかご理解を頂きたいと思います。
 その他、どうして「圧力鍋レシピ」などという検索を行ったのかというご質問を頂きましたので、以下の通りご説明申し上げました。
 あの時、議会のやりとりの中で「エッセンシャルワーカー」という言葉が出て来て、私はその言葉の意味を知らなかったものですので、パソコンの検索エンジンを立ち上げ、その意味を調べました。その際、当日の夜私は家族の夕食を作る当番になっていたことが頭をよぎり、議会から帰って短時間で調理をしなければならないな・・という意識で圧力鍋で作る料理を検索してしまった。そんな経緯です。決して長い時間ではありませんでしたが、少なくともその画面を見ていた間は議事に集中できていなかったわけで、その事は県民の皆様から議会、議員に寄せられている期待に背く行為であり、深く反省をしています。

 朝9時30分から行なわれた、インタビュー形式の取材は20分ほど続き、このブログで全てのことをお伝えするのは困難ですが、全てカメラに収録されていましたので、昨日の番組で放映されるものと思っておりました。しかし残念ながら放映はされませんでした。きっとまた今日か明日にでも放映されると思いますので、そちらをご覧頂けましたら幸いです。

 説明も、釈明も、言い訳、言い逃れに聞こえてしまうかもしれませんが、本当にこの度の件、申し訳ございませんでした。

posted by おさだ at 09:25| Comment(50) | TrackBack(0) | 日々雑感