2020年11月09日

ベーシックインカム

 今朝のNHKラジオで経済アナリストの森永卓郎氏が、国民に一律、毎月7万円程度の現金を給付するベーシックインカムを一時的にではなく、ずっとやるべきだと主張していました。国民全員に7万円配ると年間100兆円の財源が必要だと言います。これには国債を発行すれば良いのだと。自国通貨で国債が発行できる限り、財政赤字が拡大しても「なんら問題は無い」と言います。そうするとインフレが起きないか?という懸念はあるが、最近の経済学では「起きない」と見る学者が多く、現にコロナ対策で日本政府は国債発行で58兆円を支出したが、インフレの傾向は見られないと言います。現在、国と地方自治体の借金は合わせて1000兆円を超えていますが、これを3000〜4000兆円程度まで増やしても大丈夫だと森永氏は言うのです。
 こうした考えは経済学者の竹中平蔵氏が提唱して注目されていることは承知をしていますが、私のような浅学菲才な者にはその是非を判断することはできません。ただ、竹中平蔵氏と言えばかつて小泉純一郎総理と組んで、財政の健全化を主張した人だったので、そこが腑に落ちません。「あの時はそういう状態だったが今は違う」という事なのでしょうか。確かに財政の健全化と同時に断行した構造改革はかなり進んだと思うし、これができたら、積極財政に打って出ても良いということなのかも知れません。思い起こせばあの失われた20年の間、私たちの国は消極的になり過ぎたと私も思います。「価格破壊」「ダウンサイジング」「リストラ」そうしているうちに世界のトップ企業30社の大半を占めていた我が国の優良企業は軒並み世界の市場から姿を消してしまいました。経済的な不安の中で少子化が一気に進み、この国の経済は世界の中で極端に競争力を失ってしまったのは事実です。

 お金を配るという方法が日本国民の勤労意識や勤勉な国民性に照らして正しいか?と考えれば大いに疑問を持ちます。ただ、少子化の進む現実や、中国の強大化が進む国際情勢をふまえれば、政策的な財政出動を大胆に行って経済や国民のマインドを温めるような、積極財政という考えは持って良いのではないかと、私も思うようになっています。

posted by おさだ at 16:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々雑感