2021年04月06日

 昨日は寒かったのですが、仕事前のあさイチで自宅の裏山へ入りタケノコを掘ってまいりました。

 81才になった母が「進治っ、タケノコ掘り手伝ってくれ」と、玄関先にやってくるもので、スコップをかついで裏山へ・・。ところが落ち葉の下から顔を出すタケノコの頭を見つけるのは容易ではなく、そこは母の方が一枚も二枚も上手で、次々と見つけ出すのです。「イノシシ並みの嗅覚だねぇ」と言うと「なにお!」とふくれていましたが(笑)
IMG_8726.jpg
 まさに旬の筍。
 母の慈愛と自然の恵みに感謝しつつ。
posted by おさだ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感