2021年04月08日

人間ドック

 スポーツ庁の室伏長官が、悪性リンパ腫に侵されているという昨日の報道には驚きました。取り囲む取材陣に「個人情報です」と、長官は言われたそうですがまさにその通り。無用な騒ぎはしないであげて欲しいですね。

 私も、昨日は日帰りの人間ドックに入ってまいりました。今年は採血検査やエコー、レントゲンなどの一般的な検診メニューに加えて、胃カメラと脳ドックのオプションを加えての検査をして頂きました。実は私は胃カメラを飲むのが極めて苦手で、もうカメラが近づいてくるだけでえづいてしまって・・・
「苦しかったら右手を挙げて合図してくださいねぇ・・え、もう挙げてるんですか長田さん、大丈夫、大丈夫、楽にしてぇ、鼻で息をして・・」
「先生、長田さん猛烈に手を挙げてますが」と看護師さん。
「大丈夫、大丈夫・・えっ」
 次の瞬間お医者の腕をつかんでカメラを引き抜きにかかったことも・・・以来10年以上やれずにいた胃カメラを今回は鎮静剤を使ってやって頂きました。
 これは助かりますね。何が何だか分からないうちに終わっていて、苦しみは何もありませんでした。9時から始まったドックは午後1時には全ての検査を終えて、午後1時には内視鏡の写真やMRIの画像を見ながらの診断を受けて帰ることができました。どの結果も幸いなことに異常は見つからずほっとしています。

 コロナ禍で検診を受ける人が減っているそうです。
 がん、心疾患、脳疾患ともに早期の発見、治療が大切なことは言うまでもありませんが、そのためには定期的な検診を受けることが大事。コロナを恐れるあまりに検診せず、もっと重篤な病にかかっては意味がありません。是非欠かさずの検診をお勧め致します。

 ちなみにドックにかかった費用は8万円弱。
 高いねー、と思います? でも・・考えてみると半年前に出した自家用車の車検の方が高いんですよ。それに比べたら自分の体ですから。

posted by おさだ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感