2022年03月17日

リスクとベネフィット

 昨夜の地震は長い時間揺れましたね。一夜明けて被害の様子がテレビから伝えられて来ますが、最小限のものであって欲しいと思います。東日本大震災から11年経ってもまだ関連した地震がこうして続くのでしょうか?震度6という事ですから、すごい揺れだったでしょうね。深夜の時間帯、布団から飛び出して避難するときの東北の人たちの心境を思うと、本当にお気の毒なことです。

 さて、長引くコロナ禍。政府も神奈川県も21日までのまん延防止措置については延長しない考えで一致しています。でも昨日の県内の感染者は4,803人という事ですから、感染が収束しているわけではありません。ただ、飲食店に時短や酒類の提供自粛を求めることが主体となってしまっている現在のまん延防止対策はあまり意味が無くなっているため、ここは延長の「リスクとベネフィット」を総合的に勘案して延長しない判断をしているということだと思います。
 ちなみに、新型ウイルス感染症を感染法の5類に指定して、一般的なインフルエンザなどと同等の扱いにすべきだというご意見があります。今のオミクロン株の毒性からすればそれも一つ考え方ですが、問題は5類指定の場合、ワクチン接種などの費用はインフルエンザなどと同じように国民の自己負担となること。そうなるとワクチン接種もなかなか進まなくなるでしょうし、そこへ新たな変異ウイルスが発生するなどということになると、これは早急な対応が困難になってしまうと厚労省などは考えているようです。

 でも、法律はあくまでも法律で、人が運用するもの。自己負担ならそれに国が「補助」をすれば良い事。いくらでも柔軟なやり方はあるだろうし、そういうことも含めて、よりリアルな議論をすべきだと思います。

posted by おさだ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感