2022年06月06日

降る雨や昭和は遠くなりにけり

 雨模様の一日になりそうですね。
 今朝は5時前に目が覚めました。
 コーヒーミルをガリガリやりながら寝ぼけた脳みそを刺激するのが毎朝のルーティーン。
 続けてPCの電源をON・・窓越しに雨の降る様子を眺めていると、いつものようにe-mailを拾いに行く気になれず、代わりにYouTubeを開いて「雨」のキーワードで聞きたい曲を探してみました。最初の曲はイルカの「雨の物語り」それから画面の右に表示される関連曲の中から好きな曲を続けて聞いていて・・気付くのは「全部昭和の歌ばかり」。あの時代が過ぎてもう34年も経つのにね・・と。

 今日と同じように雨の降っていた二月の休日、大手出版社が主催するコンクールにエッセイを一本書いて応募してみました。コンクールのテーマは「あの日の秘密」。
 メーラーを開くと結果を知らせるメールが届いていました。残念ながら大賞は逃しましたが、最終選考まで残ったとのこと。

 ま、いいか。そんなもんでしょう。もの書きはあくまでも趣味。

 さて、今週から6月定例会の準備に入ります。ウクライナでの戦争や円安による物価の高騰に対処するため政府から臨時交付金が都道府県と市町村に交付されます。これをいかに有効に使うか。これが目下の重要案件。雨を見ながら昭和がどうのと言っている場合ではありませんね。


posted by おさだ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感