2022年06月22日

停滞は後退

 今日から参議院議員選挙が始まります。神奈川県選挙区ではこれまでにない21人以上の立候補が予想され、下手をすると公営掲示板の数が足りなくなってしまうのではないか・・・と心配されています。

 それにしてもこんなに多くの立候補者があるのは、新興勢力の新しい政党が次々と候補者を擁立しているためと言えます。これまで、新しい政党と言えば自民党とか民主党とか、既存の政党が分裂してできるというケースが主でしたが、近年の新党は既存の政党とは無縁の人が立ち上げ、マスコミに取り上げられずともインターネットを通じて既存政党が踏み込みにくい部分の主張を展開して一定の支持を獲得するようなケースが多くなっています。
 こうした社会潮流をどう受け止めるべきか・・一過性の流行りものと馬鹿にしていると私のような既存政党にいるものはたちまち生き残れなくなる、という感じがしないでもありません。「変化できず停滞するもの、すなわち後退を意味する」というのが現代の世界的な流れですから。

 支持する候補者の当選を目指すということとは別な意味で、この選挙に注目していたいと思います。

posted by おさだ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感