2022年08月08日

何ゆえの改造か

 早朝、自宅の庭で蝉が羽化する様子を見つけました。いよいよミンミンミンミンミーンという鳴き声が聞こえて来る季節ですね。
 
 岸田総理が内閣改造をすると報道されています。そんな折、菅前総理のかばん持ちを仕事にしている長男が孫を連れてやって来たので「どうだ?」聞くと「親父に話せることは何もない」と。昼食を共にした甘利代議士も「急なことで月曜日に予定した日程はキャンセルだ」と緊張した様子。
 改造の目的がはっきりと伝わって来ませんが、台湾情勢が緊迫する折ですから、そのことを念頭に外交、防衛、安全保障などの分野をしっかり固めて対外的な情報収集や水面下での意思疎通、そして国内体的には国民に対する適切な説明と理解を得られる体制を敷き、何としても戦火の勃発すること無きよう最大の警戒をして欲しいと思います。
IMG_0555.jpg
 海老名市では、広島に原爆が投下されて77年目を迎える8月6日、戦没者追悼式が行われました。
 政治の最も大切な使命は戦争をしないこと。

posted by おさだ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感