2022年09月27日

安倍さんの無念を想う

 今日は安倍元総理の「国葬儀」が行われる日。県議会も休会日なので午後から電車に乗って九段まで献花をしに行ってこようと思います。
 安倍元総理の功績は数えきれないほどありますが、とりわけアベノミクスによって日本経済の再生を図ったことは極めて大きな成果でした。また、中国の軍事的拡張に対して「自由、民主主義、人権、法の支配」という価値観を武器にして、インドやアセアン諸国との積極的な外交を進めたこと、その基本姿勢はこれからの我が国外交のゆるぎない道標となることでしょう。

 国葬に対して国民の中に賛否はあるでしょう。見苦しい誇張もあったと思うし、死者に対する敬意の無い主張もあったように思います。ただそれも「自由、民主主義、人権、法の支配」の範疇において表現され、大きなトラブルもなく今日を迎えています。

 ただ、日本の代表を務めた人が、凶弾によって命を奪われたのは、私たちの国で起きたぬぐいようの無い事実。突然命を奪われた安倍さんの無念さはどのようなものであろうか・・・私も政治の末席を汚す者として、そのことにこそ思いをめぐらす一日にしたいと思います。

posted by おさだ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感