2023年01月06日

シンパシーとエンパシー

 今日の神奈川新聞の5ページに作家の方の手記が掲載されていましたが、とても興味深く読ませて頂きました。曰く、人生を前向きに生きるために必要なものは何か・・と言えば「シンパシーとエンパシー」だと。
 シンパシーは同情心と日本語に訳され、例えばシンデレラのお話を聞いて、継母からいじめられるシンデレラを可哀そうだなと同情する感情がシンパシー。一方、どうして継母はシンデレラのことをいじめるのだろう?と考える事をエンパシーと言い、日本語では共感力と言ったりするそうです。シンパシーは生まれながらに持っている感情ですが、エンパシーは能力なので育てることが大事とも。相手の立場に立つ能力を育てることができれば、一方的に我慢したり、怒ったりすることなく前向きに生きていけると書かれています。

 確かに継母はどうしてシンデレラのことをいじめたのだろうかと考えれば、そこにはきっとそれなりに共感できる理由があるのかも知れません。
 同様に、ちょっと話は大きくなりますが、なぜプーチンは・・なぜ習近平は・・と、なかなか難しいことではありますが、相手の立場を考え、考えるための的確な情報を得て、こちらの対処方法を考える事。それが大事ですね。
 
posted by おさだ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感