2008年02月17日

またひとつ

?.JPG
またひとつ
 老いた命が旅立って
  ごみ置き場に置かれた押し車

人はだれしも老いるほど 子供に帰ると言うけれど
 ならぱ大人であることに どれほどの意味があるのだろうか

またひとつ
 老いた命が旅立って
  ごみ置き場に置かれた押し車

そのハンドルの握り手に 今でもぬくもり感じるような
 確かに命は燃えていた 如月の日のひるさがり


 最近なにか時々もの悲しくなるときがあります。若くて強くてはつらつとして、そんな体面ばかりをつくろっていると、実はへそ曲がりで正直な自分が、わきの下あたりから顔を出してしまいそうな・・・。
posted by おさだ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11021518

この記事へのトラックバック