2008年03月06日

質問

 2月定例機会が山場を迎えています。昨日までに常任委員会と特別委員会の4日間に渡る審議を終えました。

 そのうちの三日間で質問に立った私です。

 質問に先立って担当職員が私のところへやってきます。もちろん目的は「どんな質問をするのか?」聞き出すためです。たぶん上司からケツをたたかれて「もっと詳しくちゃんと聞いて来い!」ってなもんで大変なんだろうなぁ・・いやいやなかには質問項目もやりとりの手順もみんな職員に作らせる議員もいるらしくて・・そういう人の質問は聞いていればすぐにわかるし、手にもっているペーパーが役所特有の白色度の低い紙とゴシックの活字を使っているのでヤラセ丸出しなのですが・・当の職員側からすればそれをさせてくれる議員ほどありがたい存在は無いのでしょう。
 議員になりたてのころは頼んでもいないのに「こんなのでどうでしょう?」と質問項目を私のところにも持ってくる職員がいて「ふざけるな!」とすぐに顔に出る私との間で険悪なムードになったこともありました。

 だから私は質問することの要旨は自分でまとめて早めに全て渡してしまいます。

 質問する議員によってはあれやこれやと重箱の隅をつつくような細かな数値だとか法令の根拠だとか尋ねる人がいます。でもつまるところ何が言いたいの?ってところがわからないことが多い。いわば分からないことを聞く「本当の質問」をしちゃう議員がいるんですよ。「そんなこと電話で聞け!」とヤジを飛ばしたくなったりもします。

 私の質問要旨に基づいて部局では「質問想定問答集」てなものを作るそうです。こう聞かれたらこう応えよう。ああ聞かれたらそう応えよう・・・・と。
 でも私は言います。「私が言いたいことはこういうこと(趣旨)です。だからひねるつもりもないし、困らせるつもりもありません。皆さんから言質をとって“してやったり”なんて気もないし、むしろ記録より記憶に残る議論をしたい。ラフにお訊ねしますから率直に正直に答えて頂ければそれでいいんです。」と。

 役所の中を出回っていた「長田議員質問要旨」なるペーパーを見ることができました。そこには「長田議員の希望」と書かれ

・細かな数値を聞くようなことはしないそうです。
・質問の趣旨をふまえて逸脱しないように議論されるので臨機応変に応えて下さい。
・質問想定問答集をつくる必要は無いそうです。

 と注意書きがされて以下私が作った質問項目が並んでいました。

 ようやく理解してもらえるようになったかなぁ・・と安堵するような気持ちです。でもこの委員会もこれが最後の定例会。所属委員会が変わればまた一から同じやりとりをすることになるのかなぁ・・・

posted by おさだ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11923672

この記事へのトラックバック