2008年03月10日

Qちゃんよく頑張った!

 女子マラソンの高橋尚子選手。オリンピック出場はなりませんでしたね。野口と北京の街をトップで併走する姿を見たかったけれど、仕方がありません。

 しかし、彼女の場合、負けてなおさらファンを増やすような人だよなぁ・・・と。すでにおじさんの域に入りつつある私はちょっと違った目で彼女を見てしまうのだろうか?そのスター性は他の競技者にないものがあります。しかも最近では女性としての魅力を漂わすようになった高橋尚子。短い時間だったけれど先頭集団の中で走る高橋は明らかに他の選手とは違う女王の雰囲気をたたえていたように感じたのだ。

 しかしそれにしてもなぜ、ただただ走るだけの事に人はこんなにも熱狂するのだろうか?

 レースは完敗だったけれど、それでも最後まで走るあのポジティブさは多くの国民に感動を与えました。もしかすると北京を走る以上の何か強いメッセージがそこにあったようにも思えます。

 ガンバレQちゃん!!
 
posted by おさだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12212527

この記事へのトラックバック