2008年03月11日

生業(なりわい)

?C.JPG 先日は海老名市役所の前に和食レストランがオープンすると書いた。かなり大きな規模の店のようだし、たぶん大手外食チェーンによるものなのだろう。

 一方門沢橋で長いこと美味いとんかつを揚げてきた「とんかつ辰巳」が今月いっぱいで店を閉めるそうだ。常連とまではいかないけれどちょくちょくこの店で「チキンカツ定食」を注文してきた私には実に寂しいことだ。「昔は繁盛したんだけどねぇ・・・」とオーナーの内田さんご夫婦も寂しそう。「あのお客さんたちは(今)どこで飯食ってるんだろう?しんちゃん、他の店は繁盛してるの?」とも。

 世界的な規模でグローバリズムが進む中、大きな資本と特別なノウハウと巨大な組織を作り上げた者だけが一人勝ちする社会が出来上がりつつある。とんかつ一つとってもそう。個性ある個人店は次々と姿を消して行く。

 本来人とはそんなにも激しい努力をし、競争に勝ち抜き、幸運に恵まれなければ生きていけない生き物なのだろうか?コツコツと真面目に努力し、平凡に暮らそうとする人が普通に生きられる社会でなければいけないのではないか?そのために税金を払って政府を作り、政治家を選んでルールを作らせているのではないか?

 そんな疑問が湧いてくる。

 辰巳のとんかつは手作りのソースが無くなったら閉店だそうです。職人が作るとんかつを食えるのは今しか無い。
posted by おさだ at 08:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
大企業優遇、金持ち優遇。小泉首相の持ち込んだこの様式もすっかり根付いた感がある。これはグローバリズムではなくて、単に金持ちの意向なのだ。消費税問題もあるが、最近は相続税を上げようという。金持ちの相続税は下げたままで、庶民から取れる枠を広げようという。庶民=消費者。その庶民をいじめていれば、いつまでも景気は戻らない。様々な認証制度も、エコマークの裏で詐欺を働いたりカルテルを築いたりするのには良いが、真面目な中小企業をはじき出す策略にも見える。一体どうしたいのか。「疑問が湧いてくる」のであれば、問い続けなければいけない。それがあなたの仕事。
Posted by 雑木林 at 2008年03月11日 08:38
"とんかつ辰巳" 閉店するの?
店主は私より一回り下の辰年なのに。
もう少しがんばって欲しかった。残念!
 
Posted by Kタカハシ at 2008年03月11日 21:56
 政治家は常に歴史の法廷に立たされていると言いますから、小泉氏のやったことの是非はこれから常に検証されていくものと思います。

 あの7年前、長引く不況と閉塞感が蔓延しているときに小泉という人がつきぬけた政治を行なったことを偉業と見るかクラッシャーと評価するべきかは私にも分かりません。ただあの時点であいも変わらず凡庸な宰相が政治を行なっていたらと考えるとそれもまたため息の出るような思いがします。

 政治は生きていると、むしのいい話かも知れませんが前向きにとらえるなら、あの小泉改革があったればこそ光と影が浮かびあがり、私たちはその意味を知ることができた。これからはジャバンアズナンバーワンではなくオンリーワンを目指すために何をしたら良いのか?それが政治のテーマだと思うのですが・・・しかし、その変革を成し遂げられるような政治家が・・・いない!やっぱりやれるのは小泉か!みたいなところがこの国の限界なのかも知れません。
 やはり小泉氏にはやることやったんだから早く政界を退いて欲しい。そんな気がします。

 久しぶりの書き込みに“感謝”

 
Posted by おさだ at 2008年03月13日 08:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12214283

この記事へのトラックバック