2008年03月28日

河原口消防分団に新しいポンプ車配備

h|v.JPG 先日、河原口の消防分団に新しい消防車が配備されました。これまで20年近く使用してきた古い車両についてはこれから後進国に寄贈され第二の人生を歩むことになります。「まだまだ使えますよ。大事にしてきましたから。」と、赤いボディーに手を置きながら団員も引退する車両に未練がありそう。

 新しい車両の購入費は約1800万円。市内15の分団すべてにポンプ車を配備している海老名。県下の各市町村でこれほど消防団の装備が充実しているまちは他にありません。一方市役所では職員の削減をはじめ様々な面で行政のスリム化を進めており、この点においても海老名市は県下でトップレベルの実績を誇っています。つまり爪で拾うような努力の中で作り出したお金を使ってこうした充実した消防装備を整えているということ。

 出火はもとより東海沖地震、首都圏直下型地震、神奈川西部地震など海老名に甚大な被害をもたらす災害は“必ず”発生します。さらに来年度から神奈川、静岡、山梨の三県共同で富士山の噴火について研究を始めることとなっています。

 新しいポンプ車と分団員の皆さんが市民の皆さんの安全安心を守って下さるよう祈ります。



posted by おさだ at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13232434

この記事へのトラックバック