2008年06月12日

竹みつでも抜け!

 竹みつとは、本物の刀を持つことのできない貧乏侍が見せ掛けだけでもと持ち歩いた中身が竹で出来た刀のこと。

 民主党の元幹事長、藤井裕久氏は「竹みつでも抜け!」と首相問責決議の提出に二の足を踏む後輩を叱責したそうだ。

 そしたら本当に竹みつだった・・・

 「間に合わぬ ところに投げる へぼ野球」と言ったのはジャイアンツV9当事に名内野手としてならした土井選手(のちのオリックス監督)。

 史上初ということで首相に恥じをかかすこと以外に意味の無かった問責決議。なぜだろう?私は自民党の政治家なのに、こんなときいつも民主党に対して「もっとしっかりしろよ!」と、決して見下した意味ではない失望を感じてしまうのだ。
posted by おさだ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
こんなアホみたいな事ばかりやっていたのでは、民主党が歴史に名を残すのは今回の事限りで“政権交代”としては残らないでしょうね・・
かといって、今更、小泉さん?なんですけど・・
Posted by at 2008年06月14日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15968511

この記事へのトラックバック