2008年08月01日

政策実現の内閣を

 ご存知の通り福田改造内閣が発足しました。今だ解けない小泉改革の呪縛の中でそのあおりを受けて難破寸前の福田内閣でしたが、この改造を機に新たなマストを上げて今しなければならない政策を堅実に実現していって欲しいと、自民党員の一人として願っています。

 小泉改革の呪縛と書きました。例えば後期高齢者医療改革もその一つ。これは小泉政権が行なった最後の改革の一つ。それが実施段階の今年になって大きな批判にさらされました。小泉チルドレンの処遇といった選挙に関わる難問もまた小泉一過の副産物。大切なことは一度は国民と共に熱狂したあの改革方針を自民党としてどうとらえ、そしてそれを継続するのか?方針転換を図るのか?といったことを国民に示す事だと私は考えています。

 華々しく花火をぶち上げて改革にまい進するようなことはできない福田さんですが、私たち自民党が「真の改革政党なんだ!」と国民に約束した事実は決して消すことのできない事実。福田さんは福田さんなりのやり方でそれをしっかりと具現化して頂きたい。それが私の願いです。
posted by おさだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17542271

この記事へのトラックバック