2017年04月19日

真贋

 今日はうららかな陽気になりそうですね。
 今朝は自宅の窓の外に可愛らしい顔をした鳥がやって来ました。
813426.jpg
 最初はスズメだと思ったのですが、よく見ると黒い顔が特徴の「ヤマガラ」でした。ほかに自宅の窓から見える鳥は・・常連から順にヒヨドリ、スズメ、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、シジュウカラ、キジバト、ムクドリ、コゲラなど。窓から外を眺めるにしても、屋外を散歩したり通勤で歩くにしても、鳥の名や草木の名を知っているだけで、その楽しみは倍加しますね。私は最近、散歩の際には小型の双眼鏡と野鳥図鑑を持つようにしています。

 さて、県が所有し、神奈川芸術文化財団に貸与していた棟方志功氏の版画(板画)がいつの間にかカラーコピーにすり替えられていたという事件。県からの第一報を受けたときには「盗まれた」という印象でしたから、被害者という立場で受け止めていましたが、事態の詳細が報道され始めると、その事に気付いてから3年もの間、財団も県の担当者もアクションを起こさなかったというのですから、これは窃盗事件とは全く別の問題として捉えなければならないことになりました。今朝の新聞でも今後県は所有するすべての美術品の真贋を検査すると報じられていますが、当然にそういうことも必要でしょうし、職員の意識や人事管理のことについても、まさに真贋が問われることになるでしょう。

 問題が起きないのが一番ですが、それでもこうした問題が起きてしまった時に「議会に追及されて」というのではなく、行政の主体的な対応に期待したいと思います。

※ヤマガラの写真は参考・・https://www.photolibrary.jp/ より
posted by おさだ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179488553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック