2017年04月20日

五月の鯉の吹き流し

 今日は春らしい春になりそうですね。この2〜3日は夏日でしたから。
 海老名の風物詩、大谷の鯉のぼりも元気よく泳いでいます。
FullSizeRender.jpg

「江戸っ子は、五月の鯉の吹き流し。口先ばかりではらわた無し」なんて言いますが、昔の人はうまく言ったものですね。自民党の閣僚の馬鹿げた発言も、こんな気持ちで吹き流して・・いや受け流してもらえたらありがたいのだけれど、そうも行きませんか。安倍さんもそろそろ内閣改造をして、閣僚に緊張感を持たせて欲しいなぁ・・。

 衆議院の選挙区割の是正案が示され、市の中で選挙区が分割されるまちの首長や関係者から「地方を馬鹿にしているのか!」といった異論が吹き上げています。
 そもそも議員を減らすばかりの(0増6減)の数合わせではこうした問題が生じるのは最初から分かり切っていること。選挙における一票の格差の問題は最終的に憲法問題に帰着するわけで、この憲法を社会構造の変化に合わせて改正する努力を国会が怠っているからこういう問題になるのだろうと私は思います。


posted by おさだ at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179498125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック