2017年07月25日

だれにでも優しくなれるか・・

 だれかを変えよう。だれかの考え方を改めさせよう。そういうふうにこの問題を考えても何も答えは見つからないのではないか。
 行政が、地域社会が、マスコミが・・と課題を探る努力は必要だけれど、それは問題の核心ではない。

 自分は、弱者を足手まといだと思ったことはないか?例えばスポーツチームで戦うとき、「あいつが下手くそだから、うまいやつだけでチームを作れば・・」と考えたことはないか?そんな心の動きも小さな優生思想と言えまいか?
 まして、自分はだれにでも優しくなれるのか?

「障害者なんていらない」と言った犯人の心に潜むものは闇ではなく、自分の心にも在るものなのではないか?という「自分自身への問いかけ」から始めなければ、何も変わらない。そんなことを考えていました。
IMG_0131.JPG
 昨日、津久井やまゆり園での事件から一年を迎えるのを前に神奈川県などが主催する追悼式典が相模原市の施設をお借りして実施されました。
posted by おさだ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180445124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック