2017年07月31日

美しいものには毒がある

 昨日のニュース・・兵庫県で小学生がヤマカガシに咬まれて一時意識不明の状態になったとか。「そう言えば最近
ヤマカガシって見なくなったなぁ・・」と私は晩酌をしながら独り言。アオダイショウより小さく、オレンジ色のキレイな斑点のあるヤマカガシは子供の頃よく見かけたもの。このヘビに毒があるということは大人になって知りましたが、ハブやマムシ以上の毒性があるとは知りませんでした。ただ、毒牙が口の奥の方にあるため人間に咬みついても毒が人体に入ることはないと教えられていました。ただ、小さな子供などは気を付けたいですね。

 さて、口の中に毒牙をちらりと見せられたような気になったのがその続報でした。
 私はテレ朝のサンデーステーションというニュース番組を見ていたのですが、北朝鮮によるミサイルの発射を取りあげた場面で、とても若い女性、三浦瑠麗さんという東大の先生がコメンテーターを務めていて、とってもクールに語り始めたのです。
「アメリカはどういうふうに行動するかというとタカ派のことは言ってみせるんですがただ、軍が何かできるかというと何もできないんです。現政権としても健康保険であるとかそういう方向に集中しているのでとても、それどころではないんですね。」
 〜 女性キャスター 〜
「言うだけで何もやらないということですか?」
「やらないですね。」
 若い女性ながらはっきり言う人だなぁ・・と私は感心して見ていたのですが、そのあと
「日本にはまったく主導権がないのでもし主導権を取り戻すとすれば」
 と前置きして
「非核三原則の見直し」
 と言い出したのには私も驚きました。「これ、テレ朝だよな」と思わず番組表を見直してしまいました。非核三原則を見直して北朝鮮に圧力とはまた思い切った発言です。案の定女性キャスターは完全に慌てた様子で「私は反対ですが」と言ってこの発言が番組の意図ではないことを伝えようとしていましたが、女性コメンテーターは動じず「対話と圧力と言ってるだけだけではおまじないだ」と断じたのですから。

 調べてみたら三浦瑠麗さんという人は茅ヶ崎のご出身で昭和55年生まれの方だとか。
 いやはや、ヤマカガシのニュースのあとだけに、美しいものには毒がある・・そんな気持ちになりました。

 以下番組内でのやりとり

北朝鮮が発射した弾道ミサイル。
射程はアメリカ本土の広い範囲に及ぶおよそ1万kmと推定され脅威が一段と高まっています。
これを受け、航空自衛隊は今日九州の西側から朝鮮半島沖の空域でアメリカ空軍と共同訓練を行いました。
一方アメリカのトランプ大統領。
北朝鮮に対する働きかけを期待していた中国にいら立っているようです。
ただ、アメリカが、何か具体的な行動を取るかについては触れませんでした。
「北朝鮮は今回1か月もたたないうちに2度もICBMの発射実験ということで三浦さん、現状打開というか解決の糸口がなかなか見えない状況ですよね。」
「日米韓が何を言っても何もできないということは北朝鮮もわかったうえで足元を見ているんですね。足元を見られていて今回、ICBMですから特に長距離でアメリカを念頭に置いたものですよね。アメリカはどういうふうに行動するかというとタカ派のことは言ってみせるんですがただ、軍が何かできるかというと何もできないんです。現政権としても健康保険であるとかそういう方向に集中しているのでとても、それどころではないんですね。」
「言うだけで何もやらないということですか?」
「やらないですね。なので、日本にはまったく主導権がないのでもし主導権を取り戻すとすれば何ができるか。
15年ぐらいたっている対話と圧力という政策が何も生まない以上は対話も、例えば国交正常化も目指すべきかもしれないし圧力のほうも、これは非核三原則の見直しであるとか様々なこと、圧力を実態的に強めるもの…。」
「非核三原則の見直しですか?」
「対話と圧力と言ってるだけだとおまじないなので。1つ1つを格上げして国交正常化しつつ我々の抑止も高めていく必要もあるんでしょう。」
「見直しについては反動もたくさんあると思いますよね。来週日曜日は広島に原爆が落とされた日ですしそのあと長崎も続きますし私はそれは反対なんだけどここは議論のポイントなんですね。」
「そうですね。現状を肯定しているだけ目を塞いでいるだけではできないということですね。」




posted by おさだ at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180499939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック