2017年10月07日

ゆりノミクス!?

「まぁ強いて言えばゆりノミクスとでも言いましょうか・・」という小池さんの言葉には驚いたという言うか、笑えました。昨日希望の党が公約を発表しましたが、原発ゼロは自民党との違いを無理に出しただけ。消費税の増税凍結は、ただ難しい問題を先送りしようしているだけにしか思えないのですが、皆さんはどう思われたのでしょうか。あえてひとこと言わせて頂くなら「自民党の亜種」程度の政党を一つ作ろうとしているとしか私には思えません。

 ま、希望の党のことなどともかくも、自民党の議員である私は、自民党がどうあるべきか?これで良いのか?ということを考えることが大事だと他党の様子を見ていて気付かされます。というのは、消費増税の使い道を子育てや教育の無償化に充てることの是非を争点としてこの選挙に打って出たわけですが、これが本当に自民党の目指すべき政策なのか?と、我々は自らに問う必要があると感じています。少なくともこうしたことが党内の重要政策として議論が積みあげられ、選挙で是非を問うようなプロセスを踏んで来たかと言えばそんなことはありません。

 すでに選挙の公示を目前に控え、自公による安定政権を持続させることが非常に大事なことだと思うので、今、こうしたことをとやかく言うつもりはありませんが、心配なのは、自民党が選挙に勝つために、大衆に迎合する政党になってしまってはいないか?ということです。子育て支援も教育無償化も国民受けは良いですからね。
 とはいえ、子育ても教育も国家の基本をなす大事なことです。消費税という財源を確保することは決めても、それによって私たちの国にふさわしい教育や、未来への投資となるような子育てにつながる政策が実行できるのか?そこが大事です。そして犠牲にした財政再建はどうするのか?これから真摯に議論しなければならない事だと感じています。


posted by おさだ at 09:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
そうですね。仰る通り、一国民の目線から見ても、急に出てきた「子育て支援」という提案は、国民に媚びた政策に見えなくもないです。正直言ってこういう時の安倍さんの振る舞いは、やっている事が正しくてもなんか上手じゃないという印象を受けます。

ただ、安倍さんがネットの党首討論会で、北朝鮮について語った「あらゆる手段で圧力を高めていくから、状況は緊迫していく。今年暮れから来年にかけて選挙をする状況ではなくなる」とか「石油製品がカットされたら大変なことになる。基本的に緊迫度は増す」というセリフは、来年は選挙どころではない。どう見ても通常ならざる事態を覚悟せざるおえないという気にさせます。そういう事はハッキリともっと具体的に言って欲しいとすら考えます。こっちも覚悟しますから。多分若い人ほどそうだと思います。

逆に言えば、この北朝鮮の危機を前面に押し出して選挙をした方が良かったのではないか?その方が正直だし、現実的だし、迫力あるし、自民党に信頼を寄せやすいし・・・とすら思えます。とって付けたような急ごしらえの「子育て支援」は私からすれば、「昔の民主党じゃあるまいに、微々たる金で国民を釣ろうという考えは浅ましいぞ」とすら考えてしまいます。つまり言い訳が下手クソ。

何はともあれ、今回の選挙はお遊びは抜き。安倍自民党に勝利してもらわないと国家の存亡に関わると思っています。自民党が勝つのではなく、安倍自民党が勝つ必要があると思います。
Posted by s at 2017年10月11日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181215883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック