2018年01月07日

例えば・・

 この一週間で神奈川県の行政に関する三本の記事がありました。
IMG_1725.jpgIMG_1728.jpgIMG_1730.jpg
 自民党の政務調査会のメンバーである私はいつも、「これは議会の質問になるかな?」という視点で新聞各紙を読みます。
 例えば「国保評価項目に県が未病新設・市町村向け交付金」という記事では、知事が未病についての取り組みを行なった市町村には国民健康保険事業の交付金を余分に出しますという内容。この記事を読んで私には県の「上から目線」的な姿勢が気にかかります。新年度から国保会計が市町村から県に集約されますが、この国保についてはこれまで各市町村が長年各々に努力して、財政悪化を防ぐため身近な住民の健康保持に努めてきた歴史があるわけです。それを、今度は県が財布を握るから、一律にこれをやったらお金を出すよ。ということでは市町村の自主性やこれまでの歴史をだいなしにしかねません。
 国保事業の制度改正は大変大きな行政課題ですので、ここは県からのトップダウン的な感覚ではなく、市町村からのボトムアップで制度のレイアウト決めて行くことが大切なのですが、その辺りの準備を経たうえでの知事の発議であるのか・・そこは議会の場で確認する必要があるでしょう。

 森林でのナラ枯れの記事も、犬猫の多頭飼育崩壊の記事も、やはり県の行政に関わる大事な問題ですので、こうした記事を切り抜き・・ではなく、最近では写メして、政調会の全メンバーがラインで共有し、2月9日から始まる定例議会に備えるわけです。

 明日は成人式か・・どんなスピーチをするか?これも考えなければいけませんね。

posted by おさだ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182062843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック