2018年01月29日

白い巨塔?

 今場所は一度も見る余裕がありませんでしたが、大相撲の初場所が終わりました。
 暴力体質など次々と問題が「発覚」する日本相撲協会の理事長の名前が「八角」理事長・・・って、シャレにもなりませんね。

 県民の皆さんに大変な心配をさせ、不安にさせてしまった県立がんセンターの放射線医師の集団退職の問題。今日は県議会の厚生常任委員会が開催され、詳しい経緯や現状の報告を受け、質疑が行われる予定です。
 県としても、一刻も早く医師を確保しなければならないという危機感は相当にあったものと思われます。この年末年始の努力が実ってなんとか治療を継続できるだけの医師を見つけることができたと先日の報道にもありました。
 命の望みを治療に託している患者をおいて、医師がまとめて退職してしまうという事態ですから、そこにはそれなりの問題が病院の現場で起きていたのでしょう。ただ、何がいけない、だれがいけないということよりも、とにかく治療を継続させるために早く医師を見つけなければいけない!という状態が続いておりましたので、我々議会がどこまで立ち入るべきか・・ということについては慎重であるべきだと思って来ましたし、私も発言を控えてまいりました。
 今は、どうにか一定の方向が見えてきたということですから、これからは議会として事態の把握に努め、安定した医療を提供できる病院体制を再構築するよう求めなければなりません。ただ、医師という人達の専門分野の考えと、我々公選で選ばれるアマチュアリズムの議員や一般行政職員との間にあるもの・・とでも言うのでしょうか、そこに見えない壁を感じるのも事実。まずは互いの信頼関係を築き上げること。それこそ、再生の第一歩なのかも知れません。


posted by おさだ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182265832
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック