2018年03月23日

 昨夜のニュースを見ていて思ったこと。「やっぱり石破さんじゃダメだ」。
 憲法9条の改正について、自民党が一つの答えを出したというニュース。国の最高法規を論ずるだけに、微妙なニュアンスの違いで党内には様々な意見の違いがありました。しかし、どこかでまとめなければ話は前に進みません。私に言わせれば、これまであまりにも長い党内議論を経て、ようやく昨日「本部長に一任してまとめてもらいましょう。」ということになったということだと思いますが、その会議が終わるや「一任ありきの、私の経験に無い強引な会議だった」と、石破氏は記者に語っていました。
「そんなこと記者に言うくらいならあなた、身体はってでも阻止すれば良かったじゃないか」と私は思います。様々な意見の違いはあるし、それを集約するための会議で議論は大いに戦わすべきだけれど、ひとたび政党として方向を決めたなら、それに従うべきであるし、そもそも政党とはそういうもの。それに従えないなら党を出て行くなりすればよいではないか。まして、終わってから記者に異論を呈するような人では、組織のトップは務まらない。仮に総理大臣になって同じことをされたらどうでしょう。それこそ国がおかしくなりますよね。

 まして、憲法9条とか、有事法制の議論では、我が国に危険が迫った際に、国民に選ばれた国会がしっかりと事態を把握し、冷静適確な判断のもとに承認しなければならないなど、民主的な手続きが担保されることが大切です。その際、行政とか自衛隊などから提供される情報が正しくないとか、恣意的に操作されたりしていれば、即ち国民を危険にさらすことになります。9条改憲に不安を募らせる人々の根幹にこのことに対する不安があるのは当然です。「大本営発表」そんな言葉に国民が騙された歴史はそれほど遠い過去のことではありません。
 だからこそ、今回の財務省による決済文書の改ざん問題は、単に森友問題に限らない重大な問題なのです。

 このくらいにしておきますね。


 さて、気温の変化が激しい昨今ですが、それでも各地から桜の知らせが届き始めましたね。

山ざくら 惜しむ心のいくたびか
  散る木のもとに 行きかえるらん
 周防内侍(すおうのないし)

桜の散るのを惜しむ心は、行くたびも私を桜の木の下へ向かわせる・・といった意味でしょうか。

 今日は県議会第一回定例会の最終日(採決)です。



posted by おさだ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182770946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック