2018年04月12日

裏を見る

 海老名駅前の中央公園(ビナウォーク前)でニホンタンポポを見付けました。
IMG_2533.jpgIMG_2535.jpg
 この季節、道端などでタンポポを見かけるのは当たり前ですが、そのほとんどはセイヨウタンポポという外来種で、日本古来のタンポポは希少になりつつあります。それでもこんな街中でひっそり、しっかり生き抜いてくれていると思うと、うれしいですね。
 ニホンタンポポとセイヨウタンポポの見分け方は花の裏側に大きな違いがあり、これを見ればひと目で分かります。
http://frytiger.com/archives/3883.html(参照)

 それにしても新聞を開くのもウンザリといった感のある森友学園に加計学園にまつわる問題。国会ってのはいったいなんなんですかね・・・と思うのですが・・・この騒ぎの裏でスルっと成立して行く法案があることに目を向けなければいけません。例えば統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法」。こんなもの私は以前から反対しておりますが、マスコミもろくに報じないうちにいつの間にか成立している。カジノについては与党の中にも反対している議員がいて、逆に野党の中にも推進を主張する議員がいて、与党も野党も森友騒ぎの裏で片目を瞑り合いながらスルリと通してしまったような・・私はそんな印象を持っています。他にも色々あるんじゃないかな・・。もちろん成立させなきゃいけない法案が塩漬けになってしまうケースもまた、あるのでしょう。

 国会もタンポボも・・裏を見なきゃ分かりませんね。



posted by おさだ at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182959053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック