2018年04月21日

ラグービーワールドカップ海老名に

 海老名が公認キャンプ地に内定!ルーマニアがやって来る! 

 アジアでは初となるラグビーワールドカップが来年日本で開催されますが、参加する20のチームがキャンプを張る公認キャンプ地が内定し、昨日発表されました。
 神奈川県内では私たちの海老名市と横浜市のみが内定し、これに手を挙げていた厚木と藤沢・県共同は残念ながら選ばれなかったようです。
 そしてその海老名にやって来るチームは「ルーマニア」ということになりました。そう、あの妖精と呼ばれた女子体操のコマネチを生んだ国です。これからこの国の選手や、それに伴ってルーマニアをはじめ世界から海老名にやって来る競技関係者やプレス、ファンの皆さんをどうやってお迎えするのか、海老名市と県と組織委員会とチームなど関係者が色々と準備を進めて行くことになると思います。そして海老名市民の皆様には大変申し訳ないことですが、キャンプ期間中は市の運動公園の一部について市民の使用が制限されることになります。

 地元海老名が公認キャンプ地に内定したことを喜びたい・・と同時に、これから色々と大変になるな・・という重圧・・率直に言って気持ちは両面です。でも、私などより海老名市や県でこれを担当する職員の皆さんにおかけするご負担はこれからどれほどであろうかと、その方がよほど気がかりでもあります。

 しかし、大変だけれどせっかくやるのだから、世界の三大スポーツイベントと言われるものがこの海老名に、神奈川にやって来るのだから、大いに楽しめる大会にして、同時に世界の人々と交流したい。そして海老名の子供たちがルーマニアという国を知りこの国の人々と交流してくれたら、きっと未来に何かのレガシーを遺せるのではないでしょうか。

 私はそう期待したいと思います。
 このことについてはこれからこのページを通じて、皆さんにお知らせして行きたいと思います。


posted by おさだ at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183042043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック