2018年05月18日

旅の日

 月日は百代の過客にして行きかふ歳もまた旅人なり

 月日は永遠の旅人だなんて・・・芭蕉もなかなかロマンティストだったんでしょうね。一昨日16日は「旅の日」だったそうです。芭蕉が弟子の曽良を伴って深川の芭蕉庵から「おくのほそ道」を求めて旅に出た日にちなんだとか。確かに旅に出たくなるような陽気ですね。こんな季節にリュックを背負って知らない街でも歩いてみたいものです。

 昨日の新聞で県議会の新しい正副議長人事について報道されました。私も新しい所属が「内定」していますが、正式に決まる前にこういう場所に書いてしまうわけにはいかないので・・また改めて報告致します。

 今日は冒頭で旅立ちのことを書きましたが、西城秀樹さんが亡くなられたそうですね。かっこいい人でした。私は小学生の頃秀樹さんが大好きで、厚木の一番街まで行って彼が赤いバラを持った大きなポスターを買い、家のふすまに貼ったことがありました。畑から帰って来てそれを見たおばあちゃんが腰を抜かすほど驚いていたっけ。

 永遠のスターの旅立ちですね。

posted by おさだ at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183254928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック