2018年07月08日

何をか言わんや

 昨夜は地震もありましたし、西日本での豪雨は関係者にとってタイムリーな情報が命に係わるほど必要な状況。そして入院患者が複数中毒死した横浜の大口病院では容疑者が逮捕されたという。
 様々なことについて気になる朝。5時のラジオをつけたのですが・・・放送しているのはサッカー中継。ロシア対クロアチアの試合を結局6時近くまで流し続けていました。
 サッカーも大事ですが・・・ようやく始まったニュースで「危険です!危険です!」と水害への警戒を促す前に、携帯ラジオを持って逃げろと言う前に、サッカー中継からニュースに番組を切り替えるべきだったのではないでしょうか。

 さて、先週の議会では自民党の控室に議員を個別取材する新聞記者の姿が見られました。そして今日の地方紙には人口減によって県議の選挙区が消滅した南足柄市選挙区と、合区された足柄上選挙区の立候補予定者が共に自民党の推薦を受けて出馬し、現職の仲間同士二人で一議席を争う選挙を「骨肉の争い」という見出しで報じています。
 国会では参議院の定数を増員することでこの神奈川のような問題を回避しようとしていますが、私たち神奈川県議会ではそうした方法を採ろうという意見は聞かれませんでした。南足柄+足柄上郡、横浜市の面積に匹敵するこの選挙区から選ばれる県会議員を二人から一人にして、その分の一議席を県の権限が薄い政令市に移さなければならないなんて本当に馬鹿げていますが、だからと言って全体の定数を増やすというやり方では有権者の理解を得られないであろうという判断があったためです。
 本来ならば、選挙の一票の格差が裁判されるたびに判断基準とされる憲法をこそ改正して、これから全国で起きて来る同様の問題に対処すべきが国会の役割なのですが、その国会の良識の府たる参議院が定数を六増して目先の問題を回避しようとしているですから、何をか言わんやです。



posted by おさだ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183759745
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック