2018年07月27日

永池川

 豪雨災害では河川が氾濫して大きな被害が出ています。海老名市内でも大雨が降ると溢れ出してしまう河川が無いわけではありません。その一つが永池川です。アツギナイロンの工場付近から東名高速の下を流れ、門沢橋を過ぎて寒川町で相模川に流れ込む県管理の一級河川です。
 昨日県の土木事務所よりこの川の今年度の整備状況について説明がありました。これまで東名高速道路から下流については整備が済んでいますが、その上流について今年は川幅を大きく広げる(6mから26mへ)ための工事の一端で、今ある橋の架け替え工事を実施するとのこと。

 海老名駅周辺などの開発めまぐるしい海老名。私たちは表面に見える街の発展に目を奪われますが、そのことによって発生する「排水処理」などのインフラ部分について関心を持つことは少ないもの。しかし全国的に人口の減少が進む中、災害に強い河川を造り、上下水道を維持して行くことはとても困難なこと。目に見えにくいことだけに納税者の称賛を得ることも少ないことですが、それでもこれらはやらなくてはならないことなのです。

 台風がやって来るというのに、今朝の海老名はとても穏やかな陽光に包まれています。嵐の前の・・なんとかでしょうか。皆さん嵐に対する備えを怠らないようにしましょうね。

posted by おさだ at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184014801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック