2018年08月17日

芸能界きってのロシア通

 正月の本郷寄席でもおなじみの落語家の林家ぼたんさん(真打ち)、実は彼女、自他ともに認めるロシア通なのです。それは「芸能界きっての」と形容詞がつくほどで、ロシアのサンクトペテルブルグで落語の公演を行った経験もあるそうなのです。
 一方海老名では、来年のラグビーのワールドカップでロシアチームがキャンプを張ることになっています。そこで昨日は海老名の市長さんに彼女を紹介しました。
IMG_3371.jpg
 ワールドカップの期間中は試合だけでなく、ロシアの人々と文化的な交流も積極的に行って、海老名の人達にもロシアの人たちにも良い体験をして頂きたいものです。しかし、海老名市の行政として何をどうやって準備を進めたらよいのだろう?と、市役所の方たちも手探りの状態が続いていたようです。ロシア人やロシア語を学ぶ日本人に幅広い人脈を持つ彼女はきっと良い窓口になってれるものと思います。
posted by おさだ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184189755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック