2018年08月19日

雑巾がけ

 今朝は自宅の裏山で「老鶯」が鳴いています。春に求愛のためホーホケキョとさえずるウグイスが、夏になってもさえずっている様子を老鶯(ろうおう)と言います・・・よほどモテないやつなのか?

 人間の世界ではお盆が過ぎても盆踊り・・(笑)

 昨日も市内5カ所の盆踊りを巡って来ました。河原口地区の会場では相模川の改修事業について、東柏地区の会場ではさがみ野駅近くの踏切について、それぞれ相談やご意見や苦情やお叱りを頂きます。政治の世界では「雑巾がけ」なんて言うんですが、こんなふうに有権者と交わることが大事なんです。もちろん頂いたご意見にちゃんと返事を返すことも。

 先日ある祭会場で言われました。「私たち日本人は4才の子供の虐待にみんなで怒り、行方不明になった2才のこどもの無事をみんなで喜ぶ。一人の子供にみんなで心を向けるそういう国民なんです。あなたたち政治家は・・」

 本当に有権者と交わることが大切なのです。


 
posted by おさだ at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184209736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック