2018年09月10日

原画展

 どんなに暑くとも、どんなに寒くとも、季節はめぐって来るもので、昨日は夕暮れ時に近所の畑に赤とんぼの群れが飛んでいるのを見かけました。

♬ 夕焼け小焼けで日が暮れて ♬ 

 童謡に「夕焼け小焼け」がありますが、この詩を書いたのは童謡詩人の中村雨紅(うこう)氏。現厚木東高校の教員を務め、厚木の地に生涯を閉じた中村雨紅氏は海老名市立有馬中学校の校歌なども作詞しています。
 昨日も丹沢の夕日がキレイでしたが、この地域の美しい風情が、今も歌い継がれる童謡をかもし出したのかもしれませんね。

 さて、2年ほど前、海老名の民話をモチーフにして私が書いた童話「ロアンとへら鹿のアル」は海老名生まれの画家、伊與田喜代美さんによって素晴らしい絵が付けられ、間もなく絵本として出版されようとしています。
 これを記念して下記の通り、原画展が実施されます。18枚に渡る素晴らしい切り絵です。是非見に来て頂けたら幸いです。

「ロアンとへら鹿のアル原画展」
日時 平成30年9月28日(金)〜10月1日(月)
   午前10時〜午後5時(28日は午後1時〜 1日は午後4時まで)
場所 海老名市民ギャラリー (無料・専用駐車場はありません)
40672656_2200323490203520_8725358406946258944_n.jpg


posted by おさだ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184388648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック