2018年09月27日

日本国憲法

 今朝はぐっと冷えましたね。朝6時過ぎから駅頭で県政報告会の告知活動を行いましたが・・・風邪ひきそうです。

 昨日は県議会が終わった後、自民党主催による日本国憲法についての勉強会が行われましたので参加させて頂きました。中国、北朝鮮の脅威 = 自衛隊の必用 = 9条改憲 ということばかりに目を向ける改正論議には違和感を感じますが、私はどのような法律であれ、条例であれ、時代や社会の変化に応じて改正するのは当然であり、それこそが政治の大切な仕事だと思っています。憲法については改正の内容も明らかでないうちから全面的に反対を唱えるのはあまりにナンセンスで、単に政争の具にされているという印象を持ちます。

 まだまだ中国が後進国で北朝鮮の力も弱く我が国周辺有事の危険が少なく、東西冷戦の中で海外派兵などの軍事的な負担を抑えるために、自民党も含めて現行憲法を盾にとって一国平和主義の時代を過ごして来た経緯が私たちの国にはあると思います。そうしたことへの反省も含めて憲法改正についてはしっかりと取り組み、国民の過半数を超える理解が得られるプランを提示してて、憲法を不磨の大典にしてしまわないことが大切であると考えています。


posted by おさだ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184524299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック