2018年11月04日

県政報告会

 今日はあまり天気が良くないみたいですね。

 今日は午後一時から社家自治会館で県政報告会を実施します。
 社家と厚木の岡田を結ぶ新しい橋のことや、相模川が氾濫したときの浸水想定などについてお話させて頂くつもりです。
 お時間ありましたら是非おいでください。
posted by おさだ at 08:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
相模川が氾濫という場合、かなり水位が上がるという想定でしょうけど、相模大橋のところなんて川底から10mぐらいは余裕がありそうだから大丈夫と思っていたけど、それでも溢れるという事なのでしょうか?

昔の海老名の相模川の写真を見ると川底が浅い。たぶん今のように深くなった理由は、高度経済成長期に相模川から大量の砂利を採取して川底が深くなったんじゃないかな?その点も計算して川が溢れると想定しているのでしょうか?そこが不思議。

洪水から海老名を守るための川幅の拡張工事、そのために残念ながら河畔公園の桜の木々も切ってしまった。だったら工事はちゃんとやって欲しい。でも、何故か川幅を広げる工事は止まったまま。それは国の予算が出ないから?やっぱり最終的に行きつくところは財務省の引き締めのせい?命ある桜の木々は切られ損?
Posted by Suetsugu at 2018年11月09日 01:20
 相模川の氾濫については県が調査を行った1000年に一度の最大規模の降雨量を想定して作成したハザードマップを皆さんに見て頂いてお話をしています。1000年に一度・・というのがどういうものか私にも想像がつかない部分はありますが、決してあり得ないことではないので、できる対策はとりましょうという意味でお話しています。さらに堤防の上に遊歩道(グリーンライン)の舗装整備をすることで堤防の強靭化にもつながるので、これを推進したいという話もさせて頂いています。なお、桜を切り、土砂を掘り下げたかつての河畔公園部分の再整備についても私の取り組みをお話させて頂いております。
Posted by 長田進治 at 2018年11月10日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184867805
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック