2018年11月24日

新嘗祭

 昨日は新嘗祭(にいなめさい)。
 私の氏神様、本郷神社でもこれがおこなわれました。新嘗祭とは、一年の収穫、五穀豊穣に感謝する神事で、宮中では一年で最も大切な行事なのだそうです。それも今上陛下のもとで行われるのはこれが最後。来年は新しい陛下のもとで行われるわけですが、これを大嘗祭(だいじょうさい・おおなめまつり)と呼び、それはそれは大切な神事となるのだそうです。
IMG_4205.jpg
 写真は神殿に向かう宮司様。神職の方は参道の真ん中を歩かず、隅の方を選んで歩きます。真ん中は神様のお通りになる場所だとか。

 朝晩は冷え込むようになってきましたね。
 どうぞ風邪などひかれませんように。


※「参道の真ん中を歩かないのは神職でない人も同じですよ」というコメントを頂きました。そのとおりですね。書き方が下手で申し訳ありません。

posted by おさだ at 07:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
参道の真ん中を歩かないのは我々一般人でも同じです。
Posted by at 2018年11月24日 09:04
おっしゃる通りです。書き方が下手でもうしわけありません。本文加筆で訂正させて頂きました。ご指摘ありがとうございます。
Posted by 長田進治 at 2018年11月25日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185061410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック