2018年12月01日

御心

 秋篠宮さまは「静かに、質素に式典をしたい」とおっしゃったんじゃないでしょうか。お嬢さまのことでは心無い報道もされ、さぞかし心痛もおありでしょう。また新天皇の御世についても、雅子さまの体調のことなども考えれば、できるだけ静かな環境を保ってあげたい。そんなお気持ちがあの発言になったのではないか。私とは同い年の宮様のいくぶんやつれた様子に私はそう感じました。

 大嘗祭は確かに大きな儀式には違いありませんが、多額の費用をかけた催しやイベントである必要はないと思います。消費増税の時期とも重なることを考えれば、国民に負担はかけたくないとの宮様のお気遣いもあるでしょう。また、この消費税で景気が冷え込む中、国民のマインドを温めようとか、続くオリンピック・パラリンピックに向けて世界に日本の文化を発信・・そんな政治的な思惑の中に宮中で最も大切な行事を引き込むことも不謹慎な気がします。
 皇族と神官と、そうした中で厳かに行えれば、むしろ質素な皇室のあり方や日本神道のありように近づくのではないかと私は思うし、秋篠宮さまの御心もそうしたことだったのではないでしょうか。

posted by おさだ at 07:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
本来は「秋篠宮さま」ではなく「秋篠宮殿下」であり、「お嬢様」ではなく「眞子内親王殿下」が正しい敬称です。でもマスコミが「さま」付けを何度も何度も宣伝するものだから、ほぼ定着してしまった。日本語の乱れ、敬称を粗略に扱う時流を作り出したのも、やっぱりマスコミと言ってよいと思う。

おさだ氏が、こういう敬称の基本はもちろんご存じであるということは、私自身が氏と数年前に皇室のお話しさせて頂いた経験から判っているのですが、でも、あまり庶民に合わせすぎて、日本語の乱れに加担するような事のないようにお願いしたいです。

でもねぇー、最近は某野党の国会議員で「閣下」「殿下」「陛下」の違いが分からないという驚きの人物がいましたからねー。それでいて天皇陛下にも拝謁しているというから驚き。あぁーあ、世も末だ(笑)
Posted by Suetsugu at 2018年12月03日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185106620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック